食べる 暮らす・働く

太子堂に日本酒と鮮魚メーンの居酒屋-震災で福島から移転

JOE'SMAN2号オリジナルの魚串

JOE'SMAN2号オリジナルの魚串

  •  
  •  

 太子堂に10月7日、多国籍鮮魚料理と日本酒を提供する居酒屋「JOE'SMAN(ジョーズマン)2号」(世田谷区太子堂2、TEL 050-5871-7680)がオープンした。

魚は毎日築地から仕入れる新鮮なものだ。

 豊富な日本酒と鮮魚がメーンの同店。ドリンクは東北中心の日本酒、フードは毎日築地から仕入れる魚を用いた多国籍料理を提供し、和と洋の融合を楽しめる。もともと福島県に店を構えていたが、震災のため東京に移転。三軒茶屋を選んだ理由は「朝まで人が動いている街で、なおかつ人情味がある。個人で飲食店を営む同業者が多いことも決め手だった」と店長は語る。

[広告]

 人気メニューは「魚串」。「あぶる」「蒸す」「揚げる」などさまざまな方法で調理した鮮魚を、同店オリジナルソースで味付けして提供する。種類は「くろむつ 泡のソーストマトパウダー」「九十九里産はまぐりの焦がしマヨネーズ」「北海道産の生ダコ蒸し レモン塩」、「本カマスの梅風味ガスパチョ」「銚子産めひかりの唐揚げ 醤油(しょうゆ)パウダー」など、全12種類。価格は1本300円、5本セット1,200円。

 会員カードである「ジョーズマンカード」を提示すれば、生ビールとスパークリングワイン、ハイボールが入店後1時間まで290円均一で飲むことができる。さらに、ポイントをためると対象になるドリンクが増える。

 店長は「お酒が好きな方はもちろん、家族や女性一人のお客もよく訪れる」と語る。「深夜においしい魚が食べられるのが売り。ぜひ気軽に来てほしい」とも。

 営業時間は18時~翌5時、日曜は15時~24時。月曜定休(祝日の場合は火曜)。

  • はてなブックマークに追加