3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 暮らす・働く

三軒茶屋に「マメヒコ」のテークアウト専門店-「焼そばパン」や店舗用品も

コーヒーと名物の「円パンサンド」を持つスタッフの黒田さん

コーヒーと名物の「円パンサンド」を持つスタッフの黒田さん

  •  
  •  

 三軒茶屋に1月31日、「Mame-Hico Covivu(マメヒココーヴァイヴ)」(世田谷区太子堂4、TEL 03-5433-4545)がオープンした。

購買部というコンセプトから「焼そばパン」をイメージした円パンサンド(左上)も。

 三軒茶屋で10年間営業を続けるカフェ「マメヒコ」の隣にオープンした同店。実際に店舗で使っているマグカップ、ドリッパー、皿、調味料、コーヒー豆、パンなどを販売する。「家で手軽にマメヒコの味と雰囲気を再現できる。学校の購買部をイメージした」と同店マネジャーの日野沙織さん。

[広告]

 同店で使用するコーヒー豆は、札幌の「菊地珈琲(コーヒー)」から取り寄せている。焙煎(ばいせん)した豆を店主自ら届けるスタイルから北海道にしか流通していないが、「交渉の末、同店には特別に卸してもらっている。マメヒコ全店でオープンから使っているが、あっさりとした味わいで、コーヒー初心者でも飲みやすい」という。

 テークアウトメニューは、「本日のコーヒー」(350円)、同店限定のエスプレッソで作る「カプチーノ」(480円)、名物の「円(まる)パン」に具材を挟んだ「円パンサンド」(焼そば=390円、ホエー豚のカツサンド=490円、ピーナッツ&ジェリー=290円など)、限定20個の「鶏肉おにぎり」(180円)、約2年ぶりに復活する「とっても辛い豆カレー」(630円)などをそろえる。

 「四季で変わる旬の食材や料理を大切にしている。初のテークアウト専門店だが、ここから新しい商品やアイデアを発信できるような店になれば」と日野さんは意欲を見せる。

 営業時間は9時~19時。