3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

三軒茶屋にステーキ店 日、米、豪の肉を提供

ステーキグリラーで焼く「USAリブロース」

ステーキグリラーで焼く「USAリブロース」

  • 0

  •  

 三軒茶屋にステーキ店「ステーキハウスOK.」(世田谷区三軒茶屋、TEL 03-6453-2941)がオープンして3カ月がたった。

天井も高く広々とした店内

 ステーキ店が少なかったことが三軒茶屋で開店した理由という同店。国産、アメリカ産、オーストラリア産の牛肉をそろえているのが特徴で、幅広い価格帯のメニューを用意する。席数は48席。

[広告]

 ランチメニューのおすすめは、ステーキグリラーで焼き特有のうまみを出したという「ハラミステーキ」(1,380円)、リブロースを使った「OKカットステーキ」(1,180円~)、「サーロインステーキ定食」(1,480円)、O.K丼(1,280円)など。

 ディナーメニューでは、専用の熟成庫で28日間管理した「国産黒毛和牛」(5,346円=200グラム)、ぶどう粕(かす)を加えた穀物飼料で育てたオーストラリア産ぶどう牛「テンダーロイン」(3,456円=125グラム)、ソースを「濃厚デミグラスソース」「酸味と甘みのフレッシュトマト」「あっさり和風おろしそ」の3種類から選べる「牛100%自家製手ごねハンバーグ」(1,134円~)などを用意する。

 ドリンクメニューは「コロナ」(648円)、「バスペールエール」(648円)、「レーベンブロイ」(702円)といった各国のビール、「ワイン」(赤・白、ボトル=2,700円~)など。

「席数も多いのでゆっくり酒を飲みながら、落ち着いて肉を味わうことができる。お年寄りから子どもまで食べられる味付け」と社長の大庭宏紀さん。

 営業時間はランチ=11時~15時(土曜のみランチなし)、ディナー=17時~24時。