プレスリリース

今年は海外から8か国・地域が出展!国内最大級の建築のプロが集まる展示会「Japan Home & Building Show 2022」開催

リリース発行企業:一般社団法人日本能率協会

情報提供:

 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、2022年10月26日(水)~28日(金)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)にて「Japan Home & Building Show 2022」を開催します。「Japan Home & Building Show」は「第44回ジャパンホームショー」、「第17回ふるさと建材・家具見本市」、「第8回店舗・商業空間デザイン展」、「第8回トイレ産業展」、「第7回トイレ・バス・キッチン空間・設備フェア」、「第6回団地・マンションリノベーション総合展」、「第5回イノベーションオフィス総合展」、「第1回解体・リノベーション総合展」で構成しています。


 ここ数年で世の中が変わり、住まいの在り方が変化しつつあります。テレワークや地域移住、オンライン上での交流や商品購買など新たな生活様式も誕生しています。「Japan Home & Building Show」は今年44年目を迎え『変わろう!』をテーマに、各社が、展示ブースで工夫を凝らした提案を行います。本展示会には、世界・日本全国から今話題の製品が集合します。今年は、アメリカ、イタリア、オーストリア、カナダ、タイ、中国、フィンランド、台湾の計8か国・地域が出展を予定しています。

 また、建築家『内藤 廣』氏や『東 利恵』氏、『谷尻 誠』 氏など、著名な建築家も多数登壇する展示会場内講演会を実施します。3日間あわせて約60セッション100名以上の方にご登壇頂く予定です。展示や講演会で最新動向の情報発信を行い、住宅や建築業界に向けた提案を行います。

 入場は事前登録制(入場無料)となっており、現在各展示会の公式ホームページで登録を受け付けています。また、東展示棟で開催する同時開催展示会へは再登録なしで相互入場できます。開催にあたっては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に関して、各種ガイドラインのもと安全を確保するための運営方法を講じてまいります。
前回実施の様子
前回実施の様子


学生プロジェクトデザインコンペティション

 建築に関わるプロが来場する日本最大級の建築に関する専門展示会です。本企画はそんな建築業界の専門家が集まる舞台で、学生が企画・実行しているプロジェクトを一堂に集め、作品の展示を行い競い合うことで、企業と学生との新たなつながりをつくろうとするものです。

◆「学生プロジェクトデザインコンペティション2022最終審査会・授賞式」

・開催日:2022年10月27日(木) 13:20~15:30

・会場:東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場) 東展示棟会場内 講演会D(東4ホール)

・登壇者:千葉工業大学 准教授 テレデザイン 代表 田島 則行氏、オンデザイン/東京理科大学 准教授 西田 司氏、オープン・エー 代表取締役 建築家 東北芸術工科大学 教授 馬場 正尊氏、エコッツェリア協会/三菱地所 エリアマネジメント企画部 3×3LabFuture館長 マネージャー 神田 主税氏、山本想太郎設計アトリエ 代表 HEAD研究会 副理事長 山本 想太郎氏

・申込方法:https://www.jma-onlineservice.com/10all/jp/registration_seminar.phpからの事前申込制(無料)

◆「学生プロジェクトデザインコンペティション2022パネル展示」

応募作品のパネル展示を行います。
ブースは主催の一般社団法人HEAD研究会の学生チームが設計しました。(ブース番号:E5-H23)
ブースイメージ


企画展『日本の快適なトイレ』

(ブース番号:E5-N17)


 快適なトイレ空間はどのようなものが思い浮かびますか?使いやすい、きれいな、過ごしやすいなど・・・本企画では、トイレに関連する企業・団体の協力のもと、各社が今、考える「快適なトイレ」を知ることができます。住宅、公共、災害時、建設現場、イベント等、各シーン別の「快適なトイレ」について展示を行います。

参加企業:アメニティ/アルボース/e6s/エクセルシア/SFA JAPAN/総合サービス/熊谷組/日本トイレ協会 若手の会 flush/クラシアン/コマニー/SARAYA/サンケイサポート/C-SOS/全国低層住宅労務安全協議会/ダイソン/千葉ロッテマリーンズ/トヨタ自動車/HINOKOGYO × MECindustry/WOTA (順不同、法人格省略)

みらいのたね賞スペシャルトークセッションとツアー




 「みらいのたね賞」は、建築家が選ぶ、優れた建築を生み出すことに貢献しうる優れた製品、未来への布石となる製品に贈られる賞です。一般社団法人HEADが開催してきた「HEADベストセレクション賞」を継承して、一般社団法人日本能率協会が「Japan Home&Building Show」の公式アワードとして2017年にスタートさせ、今年で6回目を迎えます。毎年ゲスト選考員を迎え、出展製品の中からテーマに基づき、約10製品を 選定、表彰しています。

・授賞式、「みらいのたね賞スペシャルトークセッション」開催概要
開催日:2022年10月27日(木) 13:30~15:00
会場:東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場) 東展示棟会場内 講演会B(東6ホール)
登壇者:宮崎浩氏、松永安光氏、山本想太郎氏
申込方法:https://www.jma.or.jp/homeshow/tokyo/visitor/mirai.html からの事前申込制(無料)

・「みらいのたね賞ツアー」開催概要

開催日:
2022年 10月26日(水)13:30~14:30
11月27日(木)15:15~16:15
10月28日(金)11:15~12:15
同行者:宮崎浩氏(27日のみ)、松永安光氏、山本想太郎氏
申込方法:https://www.jma-onlineservice.com/10all/jp/registration_seminar.phpからの事前申込制(無料)


Japan Home & Building Show 2022概要

総  称 Japan Home & Building Show 2022

展示会名称
●第44回 ジャパンホームショー

●第17回 ふるさと建材・家具見本市

●第8回 店舗・商業空間デザイン展

●第7回 トイレ・バス・キッチン空間・設備フェア

●第6回 団地・マンションリノベーション総合展

●第5回 イノベーションオフィス総合展

●第8回 トイレ産業展

●第1回 解体・リノベーション総合展

会  期  2022年10月26日(水)~28日(金) 10:00~17:00

出展規模 244社/479ブース うち海外37社/52小間 (10月12日現在)(アメリカ、イタリア、オーストリア、カナダ、タイ、中国、フィンランド、台湾の計8か国・地域が出展)

来場予定者数 約20,000名(同時開催展含む)

来場方法   来場事前登録制/無料

https://www.jma-onlineservice.com/10all/jp/registration.phpから事前登録をお願いします。
※同時開催展示会と再登録不要で相互入場できます。

主  催  一般社団法人日本能率協会

共  催 一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会/一般社団法人リビングアメニティ協会/一般社団法人住宅生産団体連合会/公益社団法人日本建築家協会

会  場 東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場) 東展示棟4~6

公式サイト  https://www.jma.or.jp/homeshow/tokyo/index.html

●WEBガイド(出展企業などを検索できます。)
https://www.jma-onlineservice.com/10all/webguide_jp_jhbs/

【展示会に関するお問い合せ先】
一般社団法人日本能率協会 産業振興センター 展示会ヘルプデスク
E-mail:helpdesk@k3c.co.jp ※件名に「展示会名」を入力してください。
TEL:03-6809-1635 (受付時間9:30 ~18:00 土・日・祝日を除く)

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース