天気予報

21

18

みん経トピックス

三茶で林家正蔵「爆笑寄席」三茶で若手劇団が舞台

世田谷・池尻に「ショットバー EN」 「手作り」本格料理も

世田谷・池尻に「ショットバー EN」 「手作り」本格料理も

アロマキャンドルでライトアップした店内

写真を拡大 地図を拡大

 世田谷・池尻の「ショットバー EN(エン)」(世田谷区池尻3、TEL 03-5787-5700)がオープンして3カ月がたった。

オープン記念で無料の「ひき肉たっぷりスパイシーカレーライス」

 埼玉、千葉、東京・銀座とさまざまなバーで23年間にわたり、経験を積んできたバーテンダーの横田大輔さんがオープンした同店。スタンダードなショットバーでありながら食事にも力を入れる。横田さんは「オーセンティックなバーというと堅苦しく、入りづらいかもしれないが、気楽に使ってほしい」と話す。店名は「縁」をアルファベットにしたもので、一つ一つの出会いを大切にしたいとの思いを込めた。

 店内は初めて来た人でもリラックスできるよう、さりげない気配りを心掛け、暗めの照明とアロマキャンドルで落ち着ける空間を演出する。席数は15席。

 各種アルコールの中でも、こだわるのは「ウイスキー」と「カクテル」(以上700円~)。ウイスキーはスコッチ、アイリッシュ、ジャパニーズ、バーボンなどを豊富に用意。カクテルは旬のフルーツを使ったオリジナルや、ショウガやシナモンなどのスパイスを漬け込んだ自家製ウオツカのモスコミュールなどを提供する。

 フードは自家製スモークの「ビーフジャーキー」「スモークベーコン」(以上900円)や「アマトリチャーナ」(1,000円)、「ひき肉たっぷりスパイシーカレーライス」(700円)など。横田さんは以前、レストランバーで働いた経験もあり、本格的な料理をすべて手作りで提供するのも特徴という。

 現在はオープン記念として、22時までに来店した場合、1ドリンクオーダーとチャージ代(500円)で「ひき肉たっぷりスパイシーカレーライス」を無料で提供している。期限は未定。

 横田さんは「食事からお酒まで一軒で済むので、コストパフォーマンスもいい。会社帰りなどにゆっくり立ち寄ってほしい」と話す。

 営業時間は18時~翌6時。

グローバルフォトニュース