食べる

三軒茶屋に沖縄料理店 食材は現地から、生産者と若者を応援

「沖縄そば」

「沖縄そば」

  • 8

  •  

 沖縄料理店「間借り食堂」(世田谷区三軒茶屋2)が2月6日、三軒茶屋にオープンした。

 イタリア料理店「フィレンツェサケ」の店舗を日中「間借り」して営業する。主力メニューは、「沖縄そば」「ポークたまご」。

[広告]

 沖縄県那覇市の国際通りで沖縄料理店を経営していた経験を持つ林田義助さんが店主を務める。「昨今のコロナ渦で苦戦している沖縄の生産者や取引先を微力ながら手助けしたい。旅行を自粛している方々に、料理を通じて少しでも沖縄に触れていただきたい。そんな思いから食材はすべて沖縄から仕入れている」と林田さん。

 「間借り形態を選んだのは、飲食店で起業したい若者を支援したいという理由から。低コストで店をチェーン展開し、コロナ渦の今だからこそ、1人でも多くの若者に『自分のお店を持つ』という夢をかなえてもらいたい。先日は、コロナウイルスで在宅勤務となり、メリハリをつけるために週末だけお店をやりたい、という方から問い合わせがあった」とも。

 メニューは、「沖縄 汁そば」(480円)、「本場の沖縄そば」(680円)、「ポークたまご」(プレーン=280円、肉みそ入り=330円、めんたいこ、ツナ=380円)、「さんぴん茶」(200円)、「オリオンビール」(400円)など。

 「コロナウイルスで旅行に行けないので、気分だけでも本場の沖縄を味わいたい、と来店してくださるお客さまが多いことに驚いた」と林田さん。「店舗物件探しで生まれて初めて三軒茶屋に降り立ったが、街の雰囲気と住んでいる方の温かさが沖縄と似ていたため、直感で出店を決めた。メニューやテークアウトなど、わがままもいろいろと聞けるので、遠慮なくご相談いただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~14時。土曜・日曜営業。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース