食べる 暮らす・働く

三茶に和食バル「いなせやHANARE」-朝どれ食材をリーズナブルに提供

1階店内の様子。棚には地酒が所狭しと並ぶ。

1階店内の様子。棚には地酒が所狭しと並ぶ。

  • 0

  •  

 三軒茶屋に11月1日、和食バル「いなせやHANARE」(世田谷区三軒茶屋1、TEL 03-6805-3380)がオープンした。運営はノーリーズ(同区)。

「おばんざい おまかせ8種盛」(1,058円)(関連画像)

 同社の大西紀之社長は北海道出身。実家が米農家を営んでおり、和食と日本酒に魅せられ料理の道へ進んだ。料理専門学校を卒業後、飲食店に勤めたのち29歳で独立し、上京して初めて住んだ三軒茶屋に本店を構えた。

[広告]

 魚や有機野菜は、朝とれたものを直送で仕入れているため、その日の仕入れによってメニューが変わる。席数は1階と2階を合わせて36席。「本店と比べ、お通しを無くしたり、おばんざいなどのリーズナブルな価格の和食を充実させた。和食をカジュアルに楽しんでほしい」と大西さん。

 メニューは、同店の看板メニュー「おばんざい おまかせ8種盛」、有機野菜の「バーニャカウダ」(以上1,058円)、「本日の刺身5点盛」(950円)、炉端焼きの「スモークサンマ」(594円)、珍味各種(540円~)などをそろえる。日本酒は常時20種類ほどを半合540円均一で提供する。

 「日本酒も飲み比べできるように半合で提供するので、バル感覚で利用していただければ」と大西さん。「地域で3世代に渡って利用していただくことが目標。日本の和食文化を飲食店を通して伝えていきたい」と意気込む。

 営業時間は17時~翌3時(11月は翌1時まで)。月曜定休(今後変更の可能性あり)。

  • はてなブックマークに追加