食べる

三軒茶屋「スカイキャロット」がリニューアル ホテルオークラの料理を地上126メートルの絶景で

店内からの夜景

店内からの夜景

  •  

 三軒茶屋に「オークラレストラン スカイキャロット」(世田谷区太子堂4、TEL 050-7300-1658)がリニューアルオープンして1カ月がたった。運営はホテルオークラエンタープライズ(港区)。

一新されたカフェサイド

 席数は110席。キャロットタワー内26階で「スカイキャロット」として営業してきた同店。

[広告]

 世田谷区は、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」を見据え、区民同士の交流を促進し、区の観光の振興を図ることを目的に事業者を公募。4社の応募の中から審査の結果、「試食会において、料理の内容、接遇とも高い評価を得ており、26階の利用者増が見込まれる」などの理由から、同社が指定管理者に選ばれた。指定期間は、2017年10月1日から2023年3月31日までの5年6カ月。

 同店は、東側のレストランサイドと西側のカフェサイドの2エリアから成る。レストランサイドはシックな内装と都心の眺望、ホテルオークラの料理を提供。カフェサイドは明るめの内装で、カフェを利用しない客も利用できるパブリックスペースを広めに設けた。展示コーナーでは、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」に向けた世田谷区の取り組みについて情報を提供する。

 メニューは、洋食ランチ「キャロットワンプレート」(1,600円)、ディナーには「オマールテールのフライ タルタルソース添え」(2,500円)や「海老のチリソース煮」(ディナー2,700円)などを提供。ドリンクは、世田谷の地ビール「ふたこエール」(700円)や、「隅田川ブルーイング」(各種750円)などをそろえる。12月23日・24日・25日は、17時と19時30分からの2部制で「クリスマス特別ディナー」(100分制、1万円)も。地上126メートルからの夜景を眺めながら、至高を凝らした厳選メニューを楽しむことができる。

 「都内有数の眺望と自慢の料理を用意している。カフェも併設しているので、お茶やケーキなども気軽にご利用いただきたい」と同店スタッフ。

 営業時間は、レストラン=11時~22時(ランチタイム=15時まで、ティータイム=15時~17時、ディナータイム=17時~)、カフェ=10時~22時(同~17時、同17時~)。第2水曜、年末年始定休。