学ぶ・知る

ロボット世界大会で世田谷区の小学生チームが入賞 350組の中から特別賞に

「チームユイ&ココロ」の染矢結衣さん(左)、松本こころさん(右)

「チームユイ&ココロ」の染矢結衣さん(左)、松本こころさん(右)

  •  

 12月7日~9日に中国広州で開催された国際ロボットコンペティション「MakeX世界大会」で「世田谷ハツメイカー研究所」(世田谷区池尻2)の「チームユイ&ココロ」が特別賞を受賞した。

「チームユイ&ココロ」のロボット

 同大会は、各国で開催された予選で優秀な成績を収めたチームが参加することができるもので、30の国と地域から350チーム、1000人を超える選手が参加。競技には6つのタスクがあり、4つの個人タスクと2つの同盟タスクから成る。同盟タスクは相手チームとの協力が求められ、世界中の子どもたちが競技を通じてさまざまなことを学び身に付け、友情を育んでいる。

[広告]

 小学生チーム「チームユイ&ココロ」は決勝トーナメントに進むことができなかったチームで行われた「テクニカルチャレンジ」に出場し、280満点中220点を記録。優秀な記録として特別賞を表彰された。

 受賞にあたり「チームユイ&ココロ」の染矢結衣さん(小学5年生)は「他の国の子と交流ができてよかった」と話し、松本こころさん(小学6年生)は「もっと練習時間が欲しかったが、特別賞を受賞できてうれしい。応援ありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。