3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

池尻大橋のアップルパイ専門店「グラニースミス」が2周年

アーリーアメリカンなイメージにこだわりグラフィックデザイナーと話し合いながら作った店舗とロゴマーク

アーリーアメリカンなイメージにこだわりグラフィックデザイナーと話し合いながら作った店舗とロゴマーク

  • 0

  •  

 世田谷公園にほど近い場所にあるアップルパイ専門店「GRANNY SMITH(グラニースミス)」(世田谷区下馬1、TEL 03-6805-3353)が2月で2周年を迎えた。

季節限定メニュー「“グラニースミス“のアップルパイ」(左=450円) 定番メニュー「イングランドカスタード」(右)。

 同店の真向かいにあるサンドイッチハウス「FUNGO(ファンゴ)」(下馬1)のオーナーでもある関俊一郎さんがオーナーを務める。

[広告]

 学生時代をアメリカで過ごしたという関さんは、留学中に食べたアメリカの家庭料理のアップルパイの味が忘れられず、18年前に「ファンゴ」をオープン。アップルパイは当時から、デザートメニューとして提供していた。

 グラニースミス開業のきっかけについて、「国内でパイ専門店はあるが、アップルパイに特化した業態はこれまで無かった。私がアメリカで味わった、何だかホッとする、どこか懐かしい『おばあちゃんの味』をコンセプトに据えた店を開きたいと思っていたときに偶然、店の真向かいに6坪の小さくてすてきな物件が空いたから」と振り返る。

 店名の由来にもなったグラニースミスは、日本では珍しい酸味の強い長野産リンゴのこと。それ以外にも2種類の国産リンゴ(ふじ・紅玉)を使った4種類の定番メニューは、味に特徴を出すために試行錯誤を繰り返した。

 定番メニューは隠し味にバーボンを使った「ダッチクランブル」、シナモンやお酒を使わず子どもにも人気の「イングランドカスタード」(共にカット400円、ホール2,800円)など。他にも3種類の季節限定メニューも人気で、「連日夕方には売り切れる」という。

 今後について、「ここ最近、国内のリンゴ農家の撤退が著しい中、アップルパイを通じてリンゴ業界の活性化に貢献していきたい。そうした意味でも、オープン当初、提携農家に200本を植樹したリンゴの収穫もすごく楽しみ。当店を通じて、アップルパイの魅力をあらためて知ってもらえたら」と話す。

 営業時間は10時~20時。