桜新町のジムが整骨院運営企業と業務提携 引退アスリートのセカンドキャリア支援へ

GYM XVのウェブページ画面(画像:GYM XV)

GYM XVのウェブページ画面(画像:GYM XV)

  •  

 アスリート専用のパーソナルジム「GYM XV」(世田谷区桜新町2、TEL 03-5799-6137)が12月27日、ケイズグループ(千葉県市川市)との業務提携を発表した。

 元ラグビー日本代表で、ヤマハ発動機ジュビロやエクス・ヴァン・プロヴェンス(フランス)などで活躍した四宮洋平さんがオーナーを務める同ジム。

[広告]

 東京と千葉で鍼灸(しんきゅう)整骨院43店を運営し、メディカルトレーナー事業も手掛けるケイズグループと提携することで、引退したアスリートのセカンドキャリア支援事業に進出する。四宮さんの持つストレングストレーニングの技術を使って、同グループとアスリートのトレーニングやコンディショニングのサポートも行うという。

 将来有望なアスリートに対して、けがやリハビリなど医学的知識を持ったトレーナーやコーチの数が不足している現状が、今回の提携につながった。

 同グループは「トレーナー事業を強化することで、引退後のアスリートが経験を活用できるセカンドキャリアを創出していく」としている。