見る・遊ぶ

池尻大橋に「J-WAVE湯」 老舗銭湯で「お風呂でラジオ」の新習慣推奨

2011年にリニューアルした「文化浴泉」

2011年にリニューアルした「文化浴泉」

  •  

 池尻大橋の老舗銭湯「文化浴泉」(目黒区東山3)が11月24日から1週間限定で「J-WAVE湯」として営業する。

オリジナル肩掛けショッパー(イメージ)

 ラジオ局「J-WAVE」と銭湯ウェブメディア「東京銭湯-TOKYO SENTO-」がコラボレーションして企画した。同局では今月「だんだんと寒くなる季節、ココロもカラダも温まろう!」をテーマに、「お風呂でラジオ」の新習慣や、お薦めの銭湯、温泉、サウナを紹介している。

[広告]

 文化浴泉は1928(昭和3)年に創業。2011年にアジアンリゾート風インテリアや、円形の富士山のペンキ絵などを施し、大幅リニューアルした。期間中は銭湯内でJ-WAVEを放送。来場者には、ぬれたタオルなどを入れることができるオリジナル肩掛けショッパーを進呈する。

 J-WAVEのキャンペーン担当者は「今若者の間でも銭湯はブーム。11月26日の『いい風呂の日』には、早朝から深夜までお風呂にまつわるワンデー企画もオンエアするので、J-WAVE湯で温かい日本の伝統文化を体験していただければ」と来場を呼び掛ける。

 営業時間は15時30分~翌1時(日曜は8時~12時も営業)。今月30日まで。