松陰神社前の北欧雑貨店 人気スープ・ワイン店とコラボイベント開催

イベントで提供する特別メニュー(イメージ)

イベントで提供する特別メニュー(イメージ)

  • 92

  •  

 松陰神社前駅近くの複合施設「松陰PLAT」1階に店舗を構える雑貨店「POLARIS by SCANDEX」(ポラリス・バイ・スキャンデックス)」(世田谷区世田谷4、TEL 03-5799-4690)が、北欧の食と暮らしに関するイベントを開催している。10月1日まで。

イベントのロゴマーク

 同店と、スープとワインの店「also Soup Stock Tokyo(オルソ スープストックトーキョー)」(目黒区自由が丘1)がコラボレーションするイベントで、会場は「also Soup Stock Tokyo」。

[広告]

 期間中、「also Soup Stock Tokyo」初という、北欧料理のエッセンスを取り入れたメニューを提供するほか、蚤(のみ)の市やワークショップ、トークイベントを展開する。

 メニューは、北欧の定番料理をはじめ、日本の発酵の知恵を重ね合わせた料理を用意する。ラインアップは、「フィンランドミートボール ベリー煮込み」(1,380円)、「ノルウェーサーモンのディルクリームスープ」(1,500円)、「たっぷり森のきのこの濃厚スープ」(980円)、「スウェーデン風ロールキャベツのグラタン仕立て」(1580円)、「also 風ヤンソンさんの誘惑」(680円)、「ハッセルバックポテト」(580円)、「白夜のスープ」(880円)など。

 金曜・土曜・日曜は「also Soup Stock Tokyo」の店舗1階部分を蚤の市の会場にして、北欧製のヴィンテージ食器や日用品・雑貨などを販売する。

 9月26日は、「フィンランドのお酒と食事の楽しみ方」と題して、2014年に創業したフィンランドの蒸留所「キュロ」が製造するジンのアンバサダーを務める野村空人さんをゲストに招き、この日限定のドリンクをワークショップで作る。

 9月27日は、「必ず行きたい北欧のおすすめスポットとヴィンテージ食器の目利きの仕方」と題して、「北欧家具 talo」(神奈川県伊勢原市)店主の山口太郎さんと、「POLARIS by SCANDEX」を運営する「SCANDEX」クリエーティブディレクターの小西亜希子さんを招き、北欧のお薦め観光スポットやヴィンテージショップをテーマにしたトークセッションを行う。

 26日・27日のイベント参加費は各5,000円(料理・飲み物付き)。