天気予報

19

12

みん経トピックス

三茶にフリースペース上馬にデザイン系ランドリー

上馬の肉バルが居酒屋スタイルにリニューアル メニュー一新、クラフトビールとのペアリングも

上馬の肉バルが居酒屋スタイルにリニューアル メニュー一新、クラフトビールとのペアリングも

4~5種類のつまみが一皿になった、「おまかせおつまみ盛り」

写真を拡大 地図を拡大

 上馬の肉バル「MOSS Roast Beef Stand」(世田谷区上馬4、TEL 03-4291-8863)がリニューアルして、4カ月がたった。

シェフの菅谷朋紘さん

 「MOSS Dining Bar」(同区太子堂4)の2号店にあたる同店。オープンは2016年4月で、席数は22席。全面喫煙可。客単価は3,000円。

 リニューアルに伴い、店のコンセプトを「MOSS居酒屋」に変更。看板メニューのローストビーフはそのままに、定番の居酒屋メニューにイタリアンの要素を加え、メニューを一新した。ローストビーフは味わいの違う2種類の肉を、2つのソースで楽しめる。クラフトビールとのペアリング(組み合わせ)も開始した。

 4~5種類のつまみが一皿になった「おまかせおつまみ盛り」(1,000円)や、シェフが10日間かけて作る自家製ロースとハムのフリット「ハムフリ」(800円)、ハーブとサーモンたっぷりの「ポテサラ」、「ナスのバルサミコマリネ」などが一押しメニュー。

 クラフトビールは、イタリアの「Maria Mata ペールエール」、茨城の「常陸野NEST ペールエール」、カナダの「スキャンダルラガー」(以上850円)、川越の「COEDO 瑠璃」、メキシコの「DAY OF THE DEAD IPA」(以上750円)を揃えている(2017年9月時点)。

 シェフの菅谷朋紘(ともひろ)さんはリニューアル後を振り返って、「これまでは常連が多かったが、家族連れから『お一人さま女子』、グルメな男性まで来るようになった」と話す。

 月商は300万円を見込む。今後は自然派ワインなどのアルコールを充実させ、深夜まで気軽に使ってもらえるような店づくりに挑む。

 営業時間は18時~翌3時。火曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング