学ぶ・知る

池尻のIT企業がインドネシアでサービス提供 コンテンツ管理システム武器に

「MovableType.net」の利用イメージ

「MovableType.net」の利用イメージ

  • 12

  •  

 インターネットシステムの開発を手掛けるコルシス(世田谷区池尻3、TEL 03-6805-3221)はこのたび、マイクロアド(渋谷区神泉町)のインドネシア現地法人・マイクロアドインドネシアと提携し、「MovableType.net」をインドネシアなど東南アジア諸国への提供を始める。

 「MovableType.net」は、シックス・アパート(千代田区神田神保町)が開発するクラウド型CMSサービス(ウェブサイトの管理・更新システム)。今回の提携では、マイクロアドインドネシアが販売と一次サポートを行い、コルシスが技術サポートを提供する。シックス・アパートも同社に技術支援を行う。

[広告]

 アジアにおける急速なインターネットの普及を背景に、東南アジア最大の人口を抱え、インターネット人口が1億3,000万人以上といわれるインドネシアを商圏に据えた。

 同社は「インドネシアのオフショア開発拠点の設置も視野に入れ、東南アジア諸国におけるサポート体制の強化を図り、利用者の要望に応えるとともに、『MovableType.net』の導入から運用まで幅広いサービスを提供していく」としている。