食べる

池尻大橋に蜂蜜カフェ 自家採蜜の「生蜂蜜」で女性店主が切り盛り

店主の豊島祐子さん

店主の豊島祐子さん

  •  

 池尻大橋の天然蜂蜜カフェ&バー「MIEL(ミエル)」(世田谷区池尻2、TEL 03-5787-8793)がオープンして4カ月がたった。

約20品目の無農薬野菜を使った「ハニーライスサラダ」(880円)

 自家採蜜の国産天然蜂蜜を使ったドリンクやフードを提供する同店。席数は1階と2階を合わせて23席。店主の豊島祐子さんはもともとカフェの経営者。食材のほとんどを知人の農家などから仕入れ、「安全で良質なものばかりをそろえたら、原価率が上がってしまい従業員を雇う余裕がなくなった」ため、一人で切り盛りしている。

[広告]

 同店自慢の蜂蜜は、豊島さんの義理の息子が神奈川県内で採蜜するため、春から秋まで採れたてのものを入荷する。特徴は純国産で非加熱の「生蜂蜜」であること。「ミツバチは、さまざまな花から運んできた蜜を巣に持ち帰り、時間をかけて羽でゆっくり乾かすことで水分が20%になるまで濃縮させる。さらにその際に酵素を分泌して蜜に混ぜることで熟成を促し、香り高く栄養豊富な蜂蜜ができる。しかし、市販されている多くの蜂蜜は、作業効率化のために高温で加熱するため、ビタミンなどの栄養素が破壊されてしまう」という。

 コーヒーは、化学肥料を使わないタイ産オーガニックコーヒー豆を使う。「蜂蜜に合うコーヒー豆を探すのは苦労したが、たまたま知人のカメラマンがタイの山岳民族の自立支援のために自主輸入しているものに蜂蜜を入れてみたら、ブルーマウンテンやキリマンジャロのような上品な酸味が出たため採用。疲れを取り、パワーをもたらす蜂蜜入りコーヒーは、男性客にも人気がある」

 ドリンクメニューは、「ミエルコーヒー」(420円)、「ミエルティー」(580円)、「アイスはちみつレモンカモミールティー」(480円)などのほか、ミード酒(600円)、ビール(400円)、国産ワイン(600円)などのアルコールも用意する。

 フードの看板メニューは、日替わりで作る約20品目の無農薬野菜を使った「ハニーライスサラダ」(880円)。炊きたての米を蜂蜜レモン酢で締め、カシューナッツやチーズなどの具材を混ぜて自家製蜂蜜ドレッシングで仕上げる。「女性に人気で、エステの後やジムの前後に食べに来る客も多い」という。

 豊島さんは「基本一人で営業をしているので、混雑時の提供の遅さや臨時休業などは温かい目で見守ってほしい」と笑い、「ミツバチ一匹が生涯で集められる蜂蜜はスプーン1杯ほど。蜂も人も手間暇かけてじっくり作り上げた蜂蜜を、ぜひ味わっていただきたい」と来店を呼び掛ける。

 営業時間はホームページや電話で要確認。