食べる

三軒茶屋にいちご専門カフェ 「食べる宝石」ミガキイチゴ使ったドリンクとスイーツ提供

「いちびこミルク」(800円)

「いちびこミルク」(800円)

  •  

 三軒茶屋にスイーツカフェ「Strawberry Cafe ICHIBIKO 三軒茶屋店」(世田谷区太子堂4、TEL 03-5787-5277)がオープンして2カ月がたった。

「いちごのプリン」(423円)

 2017年にオープンした「いちびこ太子堂店」の2号店となる同店。宮城県山元町を拠点に生産され、「食べる宝石」とも呼ばれる「ミガキイチゴ」を使ったイチゴ専門のスイーツカフェ。席数は12席。高い糖度と程よい酸味のバランスが良いというミガキイチゴのスイーツのほか、イチゴをふんだんに使ったドリンクを提供する。それぞれのメニューに最適なイチゴの調理方法を考案し、イチゴの味を引き立てるレシピにこだわる。

[広告]

 店主の竹本顕路さんは、コーヒー業界に20年以上勤務した後、イチゴによる地方創生を掲げ、ミガキイチゴを生産する農業生産法人「GRA」(宮城県)の取り組みに参画。ミガキイチゴを使ったカフェ事業のプロジェクトリーダーとして「いいね」(世田谷区野沢)社長に就任し、同店を立ち上げた。

 メニューは、「いちびこミルク」(800円)、「いちごのお山ショート」(410円)、「いちごのプリン」(423円)など。

 竹本さんは「太子堂店よりもラインアップが増えたドリンクメニューや、モーニングメニューを用意している。店に入った瞬間から香るイチゴ感に包まれた時間を楽しんでいただければ。今後の目標は、ミガキイチゴのおいしさを知ってもらえるカフェを国内外に出店していきたい」と意気込む。見込月商は500万円。

 営業時間は7時~22時。