食べる 見る・遊ぶ

今年も「三茶de大道芸」 国内外のパフォーマーが集結

三茶の街がアートに染まる

三茶の街がアートに染まる

  •  

 国内外のパフォーマーが集まる「三軒茶屋de大道芸」が10月20日・21日、三軒茶屋エリアで開催される。

ジャグリングを披露するパフォーマー

 地元商店街と世田谷文化生活情報センターが一体となって1997年に始まり、毎秋恒例となった同イベント。三軒茶屋の街でさまざなパフォーマーが芸を披露し、毎年多くの来場者でにぎわう。

[広告]

 当日は各所で、パントマイム、ジャグリング、ファイアーショー、アクロバットなど、世界各国のパフォーマーたちが芸を披露する。そのほか、移動しながら芸を見せる「ウォーキングアクト」、ユーモアたっぷりのオリジナル小物など、アーティスト100組による小店が烏山川緑道に立ち並ぶ「アート楽市」、占い師が並ぶ世田谷通りアーケード街の「占いストリート」、街の達人による「似顔絵コーナー」、お祭り気分を味わえる、あめ細工、フェイスペイント、食べ歩きなどの模擬店なども展開する。

 世田谷アートタウン2018実行委員会広報担当者は「街中を舞台に繰り広げられる、三茶ならではのスペシャルなアーティストや、海外ゲストによるパフォーマンスにご注目いただきたい。この2日間しか味わえない不思議で楽しい三茶の街へ、ぜひ遊びに来てほしい」と来場を呼びかける。

 開催時間は、20日=11時30分~20時頃、21日=12時~20時頃。