食べる 買う

三軒茶屋に台湾発の紅茶専門店 自家製タピオカドリンクやマフィン提供

特製タピオカを使ったドリンク。テイクアウトにも対応する

特製タピオカを使ったドリンク。テイクアウトにも対応する

  •  

 三軒茶屋の栄通り商店街に7月21日、ティースタンド「THE ALLEY(ジ アレイ)」(世田谷区三軒茶屋1)がオープンした。

店内の様子

 2013年に台湾で創業した同店。その後、カナダ、マカオ、マレーシア、香港、上海、ベトナム、フランスなどにも出店。昨年7月に「サナギ新宿」(新宿区)を日本初出店した。

[広告]

 ドリンクには、手作りのきび砂糖シロップや特製タピオカ、天然手法で焙煎(ばいせん)した茶葉などを使う。メニューは、特製タピオカが入った「ロイヤルNO.9 タピオカミルクティ」(M=500円、L=600円)、蝶豆花茶にブドウやリンゴの味わいをプラスした「オーロラ」(M=650円)など。

 フードメニューは、一番人気という「ロイヤルNO.9」の茶葉を使い、きなこ、ホワイトチョコ、ベリーをデコレーションした「ベイクド バー マフィン」(各320円)、天然素材を使った「スチームドマフィン」(ビーガンチョコ、ソイパンプキン=以上300円、いちごクリチ=320円)、グリルで焼き上げたパオに、魚、肉、野菜を詰め込んだ「グリルド パオ」(420円~)など。

 営業時間は10時~23時。