見る・遊ぶ

三軒茶屋で夏の風物詩「ラテンフェスティバル」 6チームがエントリー

昨年の様子

昨年の様子

  •  

 三軒茶屋の茶沢通り一帯で8月18日・19日、「三茶ラテンフェスティバル」が開催される。主催は三茶しゃれなあど・三軒茶屋銀座商店街振興組合。

 商店街の活性化と地域の交流を図るため1984(昭和59)年から始まった同イベントは今年で32回目。現在では、毎年約1万人が訪れる三軒茶屋の一大イベントとなった。

[広告]

 三軒茶屋銀座商店街振興組合の恵川(えがわ)邦正さんによると、「34年前に当時の区長と浅草の台東区長の仲がよく、浅草のサンバパレードを紹介してもらったことをきっかけに、三軒茶屋でラテンフェスティバルが始まった」という。

 太子堂出張所のふれあい広場に、「ラテン」をイメージした模擬店を並べるほか、ステージイベントや大食い大会を行う。19日13時30分からは、メインイベント「サンバパレード」を行い、ラテンのリズムにのせて全6チームが踊りを披露する。サンバダンサーたちが力強いダンスを競う「サンバパレードコンテスト」も行う。

 開催時間は11時~19時。雨天時はのサンバパレードのみ中止。