食べる

三軒茶屋にオムライス店 居酒屋がランチに新業態

ランチ営業時の外観

ランチ営業時の外観

  •  

 「オムライス食堂 O-PLACE(オープレイス)」(世田谷区三軒茶屋1、TEL 03-6805-2255)がオープンして1カ月がたった。運営はourselves(同区)。

オムライスのほか、サイドメニューも用意

 すしや炭火焼き料理を提供する居酒屋「大衆酒場スシスミビ」でランチタイムに営業。代表の斉藤洋二さんが「一人で気軽にオムライスを食べられる場所がない」と考えていたことから、店の空間を活用し、居酒屋のランチ営業からオムライス業態に変更した。

[広告]

 提供するオムライスのコンセプトは「シンプル・王道でおいしいオムライス」。10種以上からうま味、コク、色などの観点で選んだ卵と自家製ケチャップソースを使い、チキンライスはオーダーを受けてから炒める。「数十店舗のオムライスを食べに行ったが、チキンライスを作り置きしているとパサパサだったり、ぬるくなったりしてしまって、すぐに分かる」と斉藤さん。チキンライスには、ニンニク増し、バター増し、チーズ、フレッシュ玉ねぎ、ツナ、コーンなど、好みのカスタマイズができるようにトッピングメニューも用意する。

 「オムライス」のほか、「ジョージの親子丼」「焼鳥屋の鶏そぼろ丼」「海鮮丼」(以上800円)などをそろえ、全てにシジミのみそ汁が付く。

 1カ月がたち、「オムライスにはまだまだ可能性があると感じている」と斉藤さん。「今後も違う場所に出店をしていきたい」と意気込む。月商は200万円を見込む。

 営業時間は11時~16時(土曜・日曜・祝日は15時まで)。