食べる 学ぶ・知る

IIDで「わんこトースト」チャリティー 被災地出身イラストレーターが参加

「わんこパン」にはドンクの食パンを使う

「わんこパン」にはドンクの食パンを使う

  •  

 西日本豪雨災害のチャリティーイベント「食パンアレンジワークショップ」が10月7日・8日、「IID世田谷ものづくり学校」(世田谷区池尻2)で開催される。主催は「フェリシモ」(兵庫県神戸市)。

予約不要、無料の「食パンポストカード」作りも

 同日開催される「世田谷パン祭り」内で行われ、若手イラストレーターとして注目を集めている寺岡奈津美さんとコラボする。寺岡さんは広島県出身。地元が西日本豪雨災害で土砂崩れの被害に遭ったことから、参加を決意したという。

[広告]

 「親戚や友達の家は住めなくなってしまい、母校の小学校も避難所に。夏に親戚がいる避難所に何度か行ったとき、地域の人や全国からの支援のありがたさを感じた。私も自分ができることで、離れたところからでも何か少しでも力になれたら」と寺岡さん。

 当日は、寺岡さんが描き下ろした「パン屋さんの犬」のテンプレートで、「わんこトースト」を作る。ワークショップでは、創業113年の老舗ベーカリー「ドンク」の商品を通して、食パンに関する知識を学ぶ講座も開催。「パン屋さんの犬」のテンプレートや、寺岡さん描き下ろしの「食パンスタンプ」でデザインをアレンジできるエコバッグなどのお土産を渡す。

 そのほか、「食パンポストカード」作りのワークショップ(無料)、寺岡さんのチャリティーグッズ販売も。「食パンアレンジワークショップ」の参加費やグッズ販売額のうち10%は、西日本豪雨災害の被災地支援基金として活用される。

 「食パンアレンジワークショップ」の開催時間は、11時30分~12時30分、13時30分~14時30分、15時30分~16時30分。事前予約は、3日23時55分まで(空きがある場合は当日受け付けも)。参加費は1,000円~。