天気予報

28

18

みん経トピックス

三茶の鉄板バルが開業半年世田谷線が貸し切り電車運行

三軒茶屋でも皆既月食 赤銅色の月に「夜のキャロットタワーみたい」

三軒茶屋でも皆既月食 赤銅色の月に「夜のキャロットタワーみたい」

23時ころ、三軒茶屋から撮影された皆既月食(写真提供:三軒茶屋在住の横山洋介さん)

写真を拡大

 国内各地で皆既月食が観測された1月31日、三軒茶屋エリアでも「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が観測された。

世田谷線三軒茶屋駅前からの写真(写真提供:丸山香奈さん)

 約3年ぶりとなった皆既月食。今回は、月と地球の距離が最も近づき大きく見える「スーパームーン」、月に2度目の満月となる「ブルームーン」、皆既月食により月が赤黒く見える「ブラッドムーン」がすべて同時に起こり、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と呼ばれた。

 皆既中の月は、赤黒い赤銅色で光り、三軒茶屋の街行く人々もスマートフォンのカメラを空に向けた。

 皆既食が最大となった22時30分ごろ、スマートフォンで撮影をしていた、エコー仲見世商店街のホットドッグ専門店「クジラ荘」(世田谷区三軒茶屋2)の店主、丸山香奈さんは「赤黒いお月さまで、まさに夜のキャロットタワーのようだった。たくさんの人が空を見上げていて、それがどんどん伝染していく様子が面白かった」と話す。

 国立天文台(NAOJ)によれば、次に日本全国で今回のように部分食の始めから終わりまでを見ることができるのは、2022年11月8日だという。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

三軒茶屋が似合う、人気男性俳優といえば?

アクセスランキング