食べる

三軒茶屋に京都発「オムそば風お好み焼き」店 独自開発の生地やソース使ったメニューも

看板メニューの「わらい焼」

看板メニューの「わらい焼」

  •  
  •  

 お好み焼き店「錦わらい 三軒茶屋店」(世田谷区太子堂4、TEL 03-6453-4631)が6月25日、「GEMS 三軒茶屋」内にオープンした。運営は治元(京都市)。

「錦わらい 三軒茶屋店」の店内

 京都で創業し、フワフワ食感の「オムそば風お好み焼き」を提供する同店。看板メニューの「わらい焼」(850円)は、全て独自開発したという、生地、だし、麺、ソース、マヨネーズソースを使う。

[広告]

 メニューはそのほか、京風だし入りの「お好み焼」(750円)、オリジナルスパイスを加えたソースをかけない「塩お好み焼(京天焼)」(1,000円)、豚肉、エビ、ホタテ、イカ、ゲソを入れた「焼きそばデラックス」(1,390円)、真空低温調理でしっとりと柔らかく仕上げる「いちぼステーキ」(150グラム=1,490円)など。

 広報担当者は「鉄板の厚みと強大な火力、うま味を包み込み焼き上げるなど、 家庭では再現できない職人技のお好み焼きをご賞味いただければ」と自信を見せる。

 営業時間は11時~24時。

  • はてなブックマークに追加